クラブ活動 地区活動 夢中人 ギャラリー 会員のHP お役立ち情報 生活情報コーナー
 会報に掲載したGallery(ギャラリー)集の掲載
NO131号
「太宰府の光明禅寺の紅葉」 白石敏さん(南地区)
菅家の生まれである鉄牛円心和尚が鎌倉中期に建立した禅 寺。 枯山水の庭園と苔の庭園があり、静かにゆったりと紅葉 が楽しめます。
 
NO130号
「柳川ひまわり畑」 大工昭さん(中地区)
この場所は、先輩に連れて行って貰った時には、その広大さに圧倒されました。 毎年大勢の観光客が 押し寄せて来ますが一見の価値が有ります。 駐車場も有るのですが、渋滞しますので到着には時間が掛かります。
 
NO129号
「ハナミズキ」 坂井はじめ さん(西地区)
近くのビルの空地に咲いていたハナミズキが綺麗だったので撮影しました。 原産地は北米東部で日本が 桜の木を送った返礼として日本に贈られたものです。 そのことから花言葉は「永続性」「返礼」 「私の想いを受けてください」となっています。
 
NO127号
「東長寺 節分祭」 高田正春さん(北東地区)
東長寺で節分の豆まきがおこなわれました。 恒例の外国人留学生による七福神と、今年は女性アイ ドルグループも参加して、大いに賑わいました。
 
NO125号
「世界遺産ラスコー展 クロマニョン人一家」 藤井哲夫さん(中地区)
この夏、九州国博でフランス南西部のヴェゼール渓谷のラスコー洞窟に描かれた、壮大な壁画の特別展が開催。  会場では撮影できないとカメラを持たずに出かけたが、撮影可の展示もあって、3日後にカメラを手に再入館し撮影できた。
 
NO124号
「大宰府天満宮・七夕の宴の山鹿灯篭踊り」 福永功治さん(南東地区)
今年も開催された七夕の宴、よへほ節の調べに合わせ、頭上に灯籠を載せた女性たちがゆっくりと 優雅に舞い踊る山鹿灯篭の季節がやってきました。 (撮影:平成29年7月7日)
 
NO123号
「初夏の草千里ヶ浜」 原田和夫さん(南地区)
去年の熊本地震では大きな被害を受けた阿蘇山。
仙酔峡へは行けませんが、ここ草千里ヶ浜ではいつものように綺麗なミヤマキリシマを見る事が出来ます。
 
NO121号
「梅の里」 原田和夫さん(南地区)
大分県日田市大山町大久保台では毎年「日田おおやま梅まつり」が2月下旬から3月中旬頃に開催され、たくさんの梅の花が咲きます。  今年は3月5日、12日の日曜日に各種アトラクションも有ります。
 
NO119号
「角島大橋(山口県)」 藤井哲夫さん(中地区)
エメラルドグリーンの美しい海に架る“角島大橋”。 長さは1,780mあり、がっしりとした橋脚と美しく 湾曲したラインと緩やかなアップダウンがあり、ドライブ気分もなかなかのもの。 この写真は大橋の手前から 望遠300ミリで最大に引き寄せたものです。
 
NO118号
「970年の伝統を持つ御田祭」福永攻治さん(南東地区)
宮崎県美郷町御田祭は田代神社の田植え祭りで、牛・馬・御輿を神田に入れて整地し、村の若者が泥しぶきをあげて牛馬を駆け回し、更に青年御輿が勇壮に神田に入り、牛馬も人も泥まみれになって整地します。最後は100 名の早乙女たちによる、「お田植え」が華やかに行われました。
(撮影日:2016 年7 月3 日)
 
NO117号
「穏やかな雲仙岳」加藤敏明さん(西地区)
つつじの花の季節、雲仙岳のすぐとなりの九千部岳から見た「普賢岳」と「平成新山」です。穏やかに見えますが今年6月で、あの傷ましい「大火砕流」から25年。記憶にはまだ少し前の出来事ですが、もう四半世紀も経つのですね。最近あちらこちらで、地震や火山の噴火が頻発しています。日頃の備えはしておきたいものです。
 
NO115号
冬の訪問者加藤 進一郎さん(佐賀地区)
毎年、この季節になると庭にメジロがやって来ます。与えたみかんを狙う「ヒヨドリ」を警戒し、2羽(つがい?)が交互に見張りをしながらみかんをついばむ姿は微笑ましく、我が家の冬の風物詩となっています。
 
NO113号
「秋の味覚“土瓶蒸しでいっぱい?」藤井 哲夫さん(中地区)
秋の味覚“土瓶蒸しでいっぱい?”残念ながら、これは食べられません。私・手作りの松茸・椎茸で、栽培(原材料)は、ティッシュペーパーなのです。
 
NO112号
「初秋の阿蘇」原田和夫さん(南地区)
9月中旬ころの阿蘇大観峰付近から見る阿蘇五岳です。カルデラの中の田圃は秋色です。手前のススキも彩りを添えます。
 
NO111号
「佐賀県玄海町・浜野浦の棚田」福永攻治さん(南東地区)
海岸から駆け上がる階段のように、大小283枚の田んぼが幾重にも連なっている棚田。田植の時期の4月下旬頃から水を張った棚田と海は水平線に沈む夕日でオレンジ色に染まり、想像を絶する美しさになります
 
NO109号
「木を彫る」加藤進一郎さん(佐賀地区)
旅先で多くの仏像と出会い、その美しさに魅了され「自分で彫りたい」という思いで仏像彫刻教室に入会、彫ることに癒されながら、「立像」を自分のペースで彫り楽しんでいます。
 
 
N0108号
「朝日に映る穂高の山々」加藤 敏明さん(西地区)
北アルプスの名峰、穂高岳や槍ヶ岳の登山基地であり、国内有数の人気景勝地である上高地。
夏には何度か訪れた事のある上高地ですが、今回雪が降る中、スノーシューをつけて極寒の中を歩くと言う体験をしました。
しかし一夜明けると、朝日に輝く山々が姿を見せてくれました。厳しい冬山とは裏腹に、希望にあふれる明るさを感じました。
 
 
NO107号
「さて何でしょう?…」  藤井哲夫さん(中地区)
鳥羽〜伊良湖岬間を往く伊勢湾フェリーターミナルのコインロッカーにラッピングされたフェリー航路の写真です。
伊勢神宮遷宮参拝〜鳥羽〜伊良湖〜渥美半島〜岡崎城〜熱田神宮遷宮参拝時に撮影)
 
 
NO106号
タマアジサイ(玉紫陽花) 富士五湖の精進湖湖畔
原田和夫さん(南地区) 2014年7月22日撮影
本州(福島県〜岐阜県)の山地の渓谷や沢沿いなどの湿ったところに生えるユキノシタ科アジサイ属の落葉低木。花期は8〜9月。7月下旬、自分の車で富士山麓まで行きました。精進湖湖畔で綺麗なタマアジサイの花を見つけました。先日、木曾御岳の山麓ではまだ蕾ばかりでしたが、こちらでは少し開いていました。2年前の9月中旬に来た時は満開状態でした。芍薬のような蕾が出て九州では見掛けない不思議な花です。
 
 
NO105号
陸上自衛隊福岡駐屯地(春日市)・開設64周年記念行事の観閲式
福永攻治さん(南東地区)
5月25日、九州各地の駐屯地から集まった自衛隊員800人と74式戦車など車両151両が行進し、ヘリコプターも参加した摸擬戦は大変迫力がありました。当日は子供連れの市民ら約1万3千人が訪れました。
 
 
NO104号
山鹿灯籠浪漫・百華百彩開催
福永攻治さん(南東地区)
3月1日まで開催中の山鹿市内の豊前街道は和傘や竹を使ったオブジェが古きよき町並みを彩り、幻想的な世界が広がっていました。
 
 
NO103号
大船山(1786m)からの眺め
                                            金子成彦さん(北東地区)
多くの山々から成る久重山系の大船山山頂からの眺めです。正面には三俣山が、眼下には坊がつるが広がります。
こんな景色を目にすると心が洗われる気持ちです。
 
 
NO102号
疾駆するSLやまぐち号
                                            福永攻治さん(南東地区)
貴婦人の愛称で親しまれているSL やまぐち号・「C571」は、新山口を出発して湯田温泉・長門峡から津和野までの62.9q約2 時間かけて、多くの人の夢を乗せて走っています。現在、土日祭日に1日1往復運転中です。車で追いつく速度ですので最低3 か所で撮影可能。撮影当日は小雨の状態でしたが無風でしたので迫力のある煙が撮影できました。
〈撮影場所:津和野・船平山(白井)、撮影データ:ニコンD800、f2.8、1/1600〉
 
 
NO101号
スカイツリーにハグ・ハグ
                                            藤井哲夫さん(中地区)
スカイツリーの写真を撮っていると地元ノオジサンが”そこに立ちなと写してくれた記念の1枚。   
 
NO100号
チューリップの咲く頃
                                            原田和夫さん(南地区)
今年のハウステンボスのチューリップ祭りは、3 月2 日から4 月7 日まで。国内最多550 品種のチューリップが咲き誇ります。 
 
 
八方尾根の紅葉
                                            原田和夫さん(南地区)
10月、信州へ紅葉廻りの旅に出かけました。紅葉した八方尾根より眺める白馬連峰はとても綺麗でした 
 
 

大牟田・大蛇山まつり 
                              福永攻治さん  (南東地区)

当日は市内外から迫力のある14基もの大蛇山の山車が勢揃いし、山に花を添える女神輿の踊りや花火、独特の太鼓打ちのお囃子は勇壮で楽しいお祭りでした。 撮影2012年7月29日   

 
 
 
遠山の桜「天空の桜」
                     撮影:松本文夫さん (南地区)
遠山の桜「天空の桜」、熊本県あさぎり町、遠山さんの山の茶畑に咲く八重種の桜です。朝日を浴びた桜花の輝きを茶畑の緑と対比で際立たせて撮りました。朝もやで霞んで見える遠景の山との対比が清々しさを感じさせる。高い場所に咲いてる桜樹は、まるで天空に咲いてるかの景色です。
尚、この作品は5月18・19日に博多リバレイン5階のアトリウム広場で開催された「はつ・らつシニアフェスタ2012」のシニア文化祭に於いて写真の部 優秀賞に輝きました。
 
柳川市・三柱神社の流鏑馬奉納
                     撮影:福永攻治さん (南東地区)
2012 年4 月1 日 福岡県柳川市三柱神社の小笠原流流鏑馬は、満開桜の参道にて奉納されました。
写真は女性射手の小笠原流樋口陽子さんです。
 
早春の阿蘇路風物詩・「阿蘇野焼き」
                     撮影:原田和夫さん (南地区)

3月のお彼岸前後、阿蘇地方では草原の森林化を防ぎ牛馬に良い草を与える為、毎年野焼きを実施。

松九会15周年記念の贈呈用壺

 
 左側:七宝透壺(組合へ贈呈)

作 高野 政昭さん(福岡/北東地区)

 右側:斑唐津壺(会社へ贈呈)

作 太田 洋通さん(福岡/南東地区)

 

コレクション・ナショナル坊や   撮影:藤井哲夫さん (福岡中地区)

昭和4041年頃、販促・展示会などに飾られ、終了の際に譲り受け残しておいた坊やたち。「昭和は遠くになりにけり…」
 
オオゴマダラとそのさなぎ   撮影:本多明さん (福岡南地区)
沖縄・西表島から水牛車で渡った由布島にて。金色のさなぎが特徴的です
咲き誇る「松ヶ枝公園」の桜・桜   撮影:平原 悦男さん (中地区)
我家近くのウォーキングコースである「松ヶ枝公園」(南区)にて、満開の桜に足止めされ、思わずシャッターを切る!!
「桜島の夕日」 撮影 長谷川 和夫さん(鹿児島)
鹿児島の象徴のひとつである桜島の夕日です。大隈半島の垂水市牛根を車で走っていたら桜島の南側に沈む夕日がとても綺麗でしたので車を止めて写しました。鹿児島市では東側にある桜島は朝日しか見ることが出来ません。写した場所が桜島を挟んで鹿児島市の真反対側であったので夕日の桜島となりました。フィルムのネガのように裏返しになっています。富士五湖に映る「逆さ富士」がありますが、「裏桜島」とでも名付けましょうか。
水墨画 雪椿 
       薬師寺信幸さん(大分地区)


今年の冬、宇佐神宮の境内にて雪を載せた椿を描きました。
浅井の一本桜

     撮影 秋山為次さん(福岡/筑後)

 

齢110余年のヤマザクラ「浅井の一本桜」(久留米市山本町耳納)。
夜、光で照らし出されると、満開のピンクの花が闇夜に浮かび、幽玄の世界をつくり出していました。

 

氷瀑に挑む人
南地区 原田和夫さん
2月の厳冬期、阿蘇仙酔峡・花酔い橋付近の小さな滝は見事な氷瀑となる。氷瀑に挑むロッククライマーの姿を見つけました。
熊本での部分日食の経過写真
熊本地区  吾郷和雄さん
2009年7月22日、日本国内で46年ぶりの皆既日食で:熊本・福岡では部分日食が観察されましたが、今回、熊本地区の吾郷和雄さんが撮影した日食経過写真を紹介します。
当日は玉名では曇りの為 福岡方面に車で撮影ポイントを探していたら長洲港の近くで雲が切れていたので、フエリー乗り場の空き地で撮影したそうです。
5〜10分間隔で撮影し パソコンで処理した日食経過写真です。 尚、この写真は7月28日 NHK熊本で放映されたそうです。 
写真 福岡タワー天の川の夜

撮影者   :中村 剛(福岡/西

超広角レンズでタワーの天の川を全て入れて撮影しております。

「工芸」竹細工・鳥と虫たち
                    坂田美輝夫さん(西地区)
趣味の竹細工を楽しんでいます。作品が多くなり家中に飾ったり、収集したりしています。この内玄関に飾っている作品を紹介します。









竹細工・つくばい(手水鉢)

                        穏塚光次さん(南地区)

夏休みの孫の工作を手伝ったのがこうじて、花びん、人形、敷台など製作。調子にのり近所の公園、温泉施設の売店に販売デビューしています。趣味と実益で老化を防止。健康に良いですよ。

 高みの見物
                    村上 直人さん(南地区)

        平成19年度福岡県・美術展覧会入選作品

人垣越しに靴を脱いで爪先った女性の足先だけでの中の演技とその場の雰囲気すべてを表現しきった秀作。

            写真クラブ  柴田 恭輔(福岡/西 )

篤姫の着物

   牧之角伍美さん
   (鹿児島地区)



篤姫(1835〜1885)。島津家の分家、今和泉家から13代将軍徳川家定の正室なり、江戸城の無血開城と徳川家の存続に強い影響を与えた影の功労者。篤姫の部屋と、大奥の篤姫の部屋を再現したものです。篤姫館/鹿児島・指宿。
からくり時計
       大隅 秀利さん
       (鹿児島地区)



先般、四国に旅行した時、道後温泉の商店街入口に、ユニークな時を知らせる”からくり時計“がありました。1時間毎、音楽と共にからくり時計がせりあがり、小説「坊ちゃん」の登場人物の人形が次々と現れ、旅のひと時を楽しませてくれました。
秦の始皇帝のお墓/兵馬傭
坂井 はじめ さん  (西地区)   中国の西安に旅行し、始皇帝の発掘博物館の見学
秦の始皇帝のお墓に埋葬されていた兵馬傭という焼き物で作られたおびただしい数の兵士と馬の発掘博物館を見学しました。
紀元前200年以上前の日本で言えば縄文時代にすでにこのような文化と人の営みがあったことを目のあたりにし、中国の文化の深さと歴史の重みを改めて認識しました。
兵士の顔服装は一人ひとり異なっており非常に多くの芸術家が製作に携わったものと 思われます。
「写真」曾木の滝
       高藤 宣夫さん
           (熊本地区)



川内川の本流にあって、滝幅210メートル高さ12メートルの大滝で、その雄大さと風光は言語に絶するもので「東洋のナイアガラ」と絶賛され美しい景勝の地として有名です。
「写真」花と戯れる虫
             牟田慎一郎さん
            (福岡/南東地区)




花と虫の写真を撮りはじめて約3年になります。道端や庭の花を注意深く観ると花に戯れる虫たちに気づきます。花と虫の共生する姿を見ると心が和み愛おしくもなります。
「陶芸」 鯰文雷大皿
                   原 英雄 さん
                 (福岡南東地区)

趣味で雑器中心の制作です。3年となり大皿に挑戦しました。これからも雑器です。「いい茶碗だ。だが何という平凡極まりない。」そういう制作を目指し切磋琢磨中です。
                

57                              「水彩画」  【 ひまわり 】                                     SH2708
              原 宏 さん
                             (福岡南地区)

 水彩画を習い始めて2年になります。月に2回、町の講座に通い、あとは気の向くまま主に花や風景を描いています。この「ひまわり」は、太陽に向かって咲くひまわりから、「元気」をもらいながら、描きました。

                                   
56                              「陶芸」  【 徳  利 】                                           SH2707
   小野美 豊さん 
                 (佐賀地区)


 酒を嗜む者にとって「おいしく」を求めるのは常ですが、私はそれを「器」に求め制作しました。この器に酒を注ぎ一昼夜置くと焼酎はまろやかに、日本酒は等級を一ランク上げてくれます。


                                 
55                                                     「水墨画」  雙?  丙戌                         SH2706 
              荒木重夫さん 
               (南東地区)


今年の干支にちなんで、二匹の子犬を色紙に描きました。
54                                                        「きりえ」                                               SH2705
       澤田眞次さん
                    (福岡南地区)
25年前に「きりえ」の手ほどきを受けましたが、最近やっと人に見ていただけるものが出来ました。松九会登山クラブで行った、「雪の英彦山」と雲仙・九千部岳の「ヤマボウシ」に感動して切ってみました。
                   
 53                                       「写真 : 阿蘇の大噴火」                              SH2704

             仲 正路さん
                    (中地区)

1989年秋、久住連山を超える阿蘇の噴煙は雄大であった。久住高原や外輪山に車中宿泊し、日の出の写真を撮るのに夢中だったあの頃が懐かしい。
53                                            「竹細工」                                                 SH2703
     高岡誠一さん
                   (佐賀地区)
有り合わせの材料で、ペン立てを作ったのが「竹細工」の始まりです。今までに「塗箸」を400膳ほどつくり、知人・友人等に配り使って頂いております。これからも、我々の生活に切り離せない「箸」を多くの方々に使って頂くため、つくり続けて行きたいと思っております。製作は「箸」のほか 「スプーン」、「しゃもじ」等 台所用品が中心で、「こんな物があったらいいな!」のアイデアを形にしております。写真はその一部です。 
     
52                                     「陶芸」                                              SH2702
高野政昭さん
(福岡/北東地区)

香炉 
自宅の庭に陶芸工作室と窯を設け、地域の人約20人の人達と陶芸教室を楽しく開いています。現在ある病院の理事長より依頼を受けて、横2.2mx 縦1.6mの陶板に小戸ヨットハーバーの風景画製作に苦闘して取り組み中です。

             
51                                             「水彩画」                                                  SH2701
   西川 有さん   
(福岡/南東地区)
水彩画を始めて三年目を迎えました。
Netでギャラリーを公開しています。
多くの野次と酷評に耐えて励みとしています。


              西川さんのNetギャラリー

戒壇院